PCPCサイト表示に切り替え SPスマホサイト表示に切り替え CLOSE

受益者負担金制度(公共下水)

最終更新日時:2017年9月8日(金曜日) 11時45分ID:4-1-25-80

情報発信元上下水道課  

このページを印刷する

受益者負担金とは
公共下水道が整備されると、整備区域内では水洗便所での使用が可能になるなど、下水道のない区域に比べ快適で住みやすい文化的な生活ができるようになります。このように、下水道事業は地域の人に特別な利益が生じますので、この利益を受ける人にその利益の範囲内で、下水道の建設費の一部を負担していただくのが受益者負担金制度です。

受益者負担金の対象となる土地は
受益者負担金は、下水道区域ないの全ての土地が対象となり、土地公簿面積に応じて負担していただきます。したがって、公有地、個人及び法人所有の宅地、田、畑、山林、雑種地など全ての土地が対象となります。ただし、農地等については申請により農地等以外の用途(宅地)になるまで徴収が猶予されます。
※神社、寺院、集会場、私立学校等は、特別に減免する基準があります。

受益者負担金額
負担金額は、基準額100,000円(1権利者当たり)と所有地1㎡当たり300円です。この額はその土地に1回限り課せられるものです。

  100,000円+土地の面積×300円=受益者負担金総額

【例】
 330㎡(100坪)の土地を所有している場合
100,000円+330㎡×300円
   =199,000円(10円未満は切り捨て)



最終更新日時:2017年9月8日(金曜日) 11時45分ID:4-1-25-80

情報発信元

上下水道課 

919-1192 福井県三方郡美浜町郷市25-25
電話番号:0770-32-1341

このページに関するアンケート

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

投票しないで結果を見る

PAGE TOP