PCPCサイト表示に切り替え SPスマホサイト表示に切り替え CLOSE

県内における麻しんの発生と予防対策について

最終更新日時:2018年10月10日(水曜日) 15時24分ID:2-1-507-4827

情報発信元健康づくり課  

このページを印刷する

県内における麻しんの発生と予防対策について

 福井県内で、麻しん患者の発生がありました。また、現在も海外渡航歴のある患者が全国で散見されています。
 麻しんウイルスに感染すると約10日後、熱や咳、鼻水など、風邪のような症状が出ます。38℃以上の発熱、全身の発しんが出て、頬の内側に白い斑点がでます。
 麻しんは感染力が非常に強く、空気感染するもので、手洗い・マスクのみでは予防することができません。以下の事を徹底し、麻しんを予防しましょう。


●症状から麻しんが疑われる場合、必ず事前に医療機関に電話連絡してから受診してください。また、受診の際は周囲へ感染させないように公共交通機関等の利用を避けてください。

●麻しんの予防接種を2回接種していない方はMRワクチンの予防接種を検討してください。

●海外への旅行を予定している方は、定期予防接種の年齢相応のものがすべて終了しているか渡航前に必ず確認し、渡航先の地域によって必要な予防接種についても医師と相談の上検討してください。

 


最終更新日時:2018年10月10日(水曜日) 15時24分ID:2-1-507-4827

情報発信元

健康づくり課 

919-1192 福井県三方郡美浜町郷市25-25
電話番号:0770-32-6713 FAX番号:0770-32-6050

このページに関するアンケート

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

投票しないで結果を見る

PAGE TOP