PCPCサイト表示に切り替え SPスマホサイト表示に切り替え CLOSE

国吉城(美浜町佐柿)が、『続日本100名城』に選定されました!

最終更新日時:2017年6月12日(月曜日) 15時57分ID:2-1-515-3295

情報発信元若狭国吉城歴史資料館  

このページを印刷する

平成29年4月6日(木)、公益財団法人日本城郭協会が選定した『続日本100名城』に、国吉城(美浜町史跡)が選ばれました!(№139 佐柿国吉城)

~歴 史~
 国吉城は、弘治2年(1556)に若狭国守護武田氏の重臣、粟屋越中守勝久が、築いたと伝わります。若狭国と越前国の境を守備する「境目の城」でした。
 永禄6年(1563)、越前朝倉氏の軍勢が侵攻し、国吉城を攻めました。勝久は、周辺の地侍や民衆と共に城に籠ってこれを撃退し、以降、朝倉氏が滅亡する天正元年(1573)まで、ほぼ毎年攻めかかる朝倉勢を撃退し続け、「難攻不落」を誇りました。朝倉氏との激しい戦いの様子は、江戸時代に記された軍記『国吉籠城記』によって知ることが出来ます。
 元亀元年(1570)4月、朝倉攻めに向かう織田信長の軍勢に加わり、後に天下統一を果たす三英傑(信長、豊臣秀吉、徳川家康)が揃って入城し、国吉城から最初の越前攻めに向かいました。
 天正11年(1583)、豊臣秀吉の家臣、木村常陸介定光が城主となり、国吉城を石垣造りの城に改修したほか、城下町の整備を行い、今に残る佐柿の歴史的町並みの基礎を造りました。江戸時代初めに城が廃城となって遺構は、佐柿町奉行所が置かれ、佐柿城下は丹後街道の宿場として繁栄しました。幕末には、敦賀で処刑された水戸浪士の生き残りが収容されました(准藩士屋敷)。


~続日本100名城~
 続日本100名城は、平成18年に制定された日本100名城に続くものとして、日本100名城と全く同じ基準を満たし、同じ価値を有しながら、100名城に収まりきれなかった城郭から、学術経験者をはじめ、協会会員、一般の城郭ファン等を対象に意見を集約し、選考されました。
 国吉城は、遺構の残存度、歴史的背景、発掘調査へ成果、若狭国吉城歴史資料館の開館や地元佐柿区の取り組みなど、史跡の保存と活用の面で、選出に携わった多くの皆様から、先行する日本100名城と同等の歴史遺産として高い評価を受けたことになります。
 美浜町では、ますます多くの方々に国吉城を知ってもらい、お越しいただけますよう、町内には身近な郷土の歴史遺産が全国区の評価を受けたことを、県内には一乗谷朝倉氏遺跡や丸岡城に続く戦国遺産があることを、そして全国には「美し美浜」の歴史的魅力の一面を、今後も広くPRして参ります。

【日本100名城選考基準(続も同等基準)】
①優れた文化財・史跡
②著名な歴史の舞台
③時代・地域の代表
④各都道府県から1城以上5城以内

【日本100名城(県内・平成18年選出)】
№36  丸岡城(坂井市)
№37  一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)

【続日本100名城(県内・今回)】
№137 福井城(福井市)
№138 越前大野城(大野市)
№139 佐柿国吉城(美浜町)
№140 玄蕃尾城(敦賀市、長浜市)


最終更新日時:2017年6月12日(月曜日) 15時57分ID:2-1-515-3295

情報発信元

若狭国吉城歴史資料館 

919-1132 福井県三方郡美浜町佐柿25−2
電話番号:0770-32-0050 FAX番号:0770-32-0057

このページに関するアンケート

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

投票しないで結果を見る

PAGE TOP